ヨコハマベイフィルハーモニーの最新の活動報告です。

第3回定期演奏会終了

2017年3月11日、神奈川県立音楽堂にて定期演奏会を行いました。ご来場頂きありがとうございました。

横浜大さん橋で演奏します

2017年7月2日、横浜港大さん橋にてカジュアルコンサートを開催します!

» 詳細はこちら

団員募集中!

ヴィオラ、チェロ、コントラバス、トランペット、オーボエについて急募中です。
その他パートも募集しています。詳しい内容はお問い合わせください。→メールはこちら

» ベイフィルについて

第九合唱メンバー募集中!

2017年12月に2回公演で行われる第九演奏会の合唱メンバーを大募集中です。一緒に第九を歌いませんか?

» 詳細はこちら

演奏会情報

Concert Informaion

現在決まっている演奏会日程です。

トレーナー・アドバイザー

Trainer and advisor

松本 宗利音

大阪府豊中市出身。京都堀川音楽高校指揮専攻を経て、東京藝術大学指揮科卒業。卒業時にアカンサス賞を受賞。2012年より自身が常任指揮者を務めるOrchestra MOTIFでは、毎年の定期演奏会に加え、ミャンマーへのチャリティ公演を行い、これまでに3度のミャンマー遠征に於いて、養育施設ドリームトレインでの演奏会、音楽教育に携わる。テレビ朝日『題名のない音楽会』、NHK「クラシック音楽館」より、『パーヴォ・ヤルヴィ 指揮の極意』などに出演。これまでに指揮を尾高忠明、藏野雅彦、田中良和、高関健の各氏に師事。また、在学中にダグラス・ボストック、パーヴォ・ヤルヴィ各氏のマスタークラスを受講する。ヴァイオリンを澤和樹、曽我部千恵子の両氏に師事。 2013年の「横浜開港祭ブラスクルーズ」においてヨコハマベイフィルハーモニー演奏のベートーヴェン交響曲第九番を指揮し好評を博す。以降、ヨコハマベイフィルハーモニーの常任指揮者として数々の演奏会で指揮をする。
名前の宗利音(シューリヒト)は、世界的指揮者であるカール・シューリヒト氏の御婦人に、直接名付けられたものである。

清水 俳二

1959年 横浜市に生まれる。5歳よりバイオリンを始める。 国立音楽大学を経て東京フィルハーモニー交響楽団に入団。 退団後はスタジオ・アンサンブル・オーケストラのエキストラなどに参加。  現在ではアマチュアオーケストラのトレーナー・エキストラとして活動しており、 マーチングバンドのアレンジャー・インストラクターとしても活動中。

大藤 豪一郎

広島県東広島市出身。13歳よりクラリネットを始める。慶應義塾大学を経て、洗足学園音楽大学音楽学部器楽学科卒業。 クラリネットを伊藤寛隆、故浜中浩一の両氏に、室内楽を故マルグリット・フランス女史、荻原清次、虎谷迦悦の各氏に師事。 日墺文化協会主催のオーディションに合格し、フレッシュコンサート(サントリーホール)にて奨励賞受賞。  これまでにラ・フォル・ジュルネ東京、ラ・フォル・ジュルネ・新潟、ベルリオーズフェスティバル東京、口永良部島音楽祭などに出演。 現在はオーケストラを中心に、吹奏楽、室内楽、ミュージカルやレコーディングなどで活動中。 一方、慶應在学中より、市民オペラなどの副指揮者や合唱指揮者としても活動を続け、2008年には劇団ひまわりミュージカル「銀河鉄道の夜」東京・大阪公演に指揮者として参加した。北里大学文化会吹奏楽団トレーナー・BAGウインドアンサンブル指揮者。

プロフィール

BAY PHIL's Profile.

ベイフィルとは

2013年6月に行われた「横浜開港祭ザブラスクルーズ2013」にて、公募によるメンバーで結成された管弦楽団として出演し、ベートーヴェン「第九」を演奏したことが当団発足のきっかけとなります。ブラスクルーズ終演後、イベントオケとは思えない一体感のある演奏ができたことを参加者全員が体感することができ、このまま解散するには惜しい、レギュラー演奏会をおこなう管弦楽団として継続したいという声が多数あり、有志にて検討を重ねた結果、2013年8月に「ヨコハマベイフィルハーモニー」が誕生しました。

楽団理念「Classic音楽の感動を多くの人と分かち合うこと」

Classicとは本来、「Class 1 」つまり最高クラスを意味しています。日本では、Classic音楽は敷居が高いと考える人が多く、敬遠されがちです。限られた人しか聴かない音楽を最高クラスと呼べるでしょうか?ヨコハマベイフィルハーモニーの目指すClassic音楽とは、世代を超えて多くの人々に受け入れられ愛される音楽です。
演奏会は、指揮者、演奏者、お客様、他多くの関わった人々によるチームワークの集大成であると考えます。ヨコハマベイフィルハーモニーはチーム全員が一体感と幸福感を得られるClassic音楽の演奏会実施を目指します。

行動指針
・普段音楽を聴かない人から音楽家まで楽しめる新しいClassic音楽の演奏会を創造していきます。
・西洋音楽発祥の地である横浜から新しいClassic音楽の概念を広めていきます。
・現代を生きる音楽家達と新たなClassic音楽を創造し、歴史を作ります。
・Classic音楽の創造に関わった全ての人々への感謝の念を胸に刻みます。
・何よりも人を尊重することを行動原理とします。

主な活動内容

定期演奏会

年1回、横浜市を中心としたコンサートホールで演奏会をおこなっています。
これまでの演奏曲:シューベルト「未完成交響曲」/ブラームス「交響曲第1番/ベートーヴェン「交響曲第6番・田園」/ドヴォルザーク「交響曲第9番・新世界」など

潮田地区センター演奏会

地域の皆様に気軽にお届けできるクラシックを・・・をテーマに、る鶴見にある潮田地区センターにて、毎年夏にロビーでのアンサンブルコンサート、年末には体育館にて第九の演奏会をおこなっています。

横浜市での演奏活動

横浜大さん橋での演奏会など、横浜市の各種イベントに参加し、クラシックを身近に感じてもらえる活動をおこなっています。

練習について

原則として第二、第四日曜日(隔週)13:00-17:00
練習場所は横浜市の地区センター、公会堂など

第九演奏会(合唱募集)

ベイフィル発足のきっかけとなったのは、公募による第九演奏会でした。第九はベイフィルにとって特別な存在の曲なのです。
ベイフィルでは毎年、鶴見区にある潮田地区センターの体育館にて第九演奏会をおこなっています。地域の皆様に第九を身近に感じてもらえるイベントとなっています。

第九コンサートの合唱メンバーを募集いたします。初心者でも参加可能で、プロの指導を受けながらフルオーケストラで第九が唄えるまたとない機会です。是非多くの方の応募をお待ちしております。私たちと一緒に第九を演奏しましょう!

対象者:高校生以上の方(または保護者が一緒に参加する小・中学生)
経験の有無は問いません。
オーケストラとの合わせ2回を含めた練習6割以上、本番2回参加できる方(満たない方は応相談)

参加費用:10,000円(高校生以下5,000円)
募集人数:100名(ソプラノ、アルト各30名、テノール、バリトン各20名)
使用楽譜:ベーレンライター版

練習・本番日程  [AM]10:00-12:00  [PM]13:00-17:00

7/23(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  初心者練習
8/6(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  初心者練習
8/20(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  初心者練習
9/10(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  初心者練習
9/17(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  練習
10/8(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  練習
10/22(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  練習
11/12(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  練習
11/19(日)AM  潮田地区センター中・小会議室  練習
11/26(日)PM  潮田地区センター体育館  オーケストラ合わせ
12/2(土)PM  潮田地区センター体育館  本番(15時開演予定)
12/10(日)PM  大さん橋CIQプラザ(予定)  オーケストラ合わせ
12/17(日)PM  大さん橋CIQプラザ(予定) 本番(15時開演予定)

指揮者:松本宗利音

ソリスト:

ソプラノ中江早希(潮田)
佐藤優子(大さん橋)
アルト布施奈緒子(潮田・大さん橋)
テノール又吉秀樹(潮田)
城宏憲(大さん橋)
バリトン増原英也(潮田・大さん橋)

合唱指導:増原英也 他
オーケストラ:ヨコハマベイフィルハーモニー

お問い合わせ:dai9bayphil@gmail.com(担当:浅田、池田、池谷)
080-4114-0590 (担当:池谷)

→合唱募集チラシはこちら